BALNIBARBI STORY

バルニバービティーチャーズ | 2018.07.17

All for Delicious シェフのための料理教室 Vol.1

SHARE
バルニバービでは、シェフのための料理教室 「All for Delicious」が始まりました。 東西のバルニバービ店舗からシェフクラスの料理人が集まり、 技術向上や交流、情報発信を目的とした「実践的な料理講義」を 毎回異なるバルニバービ・シェフが講師となって行います。 第1回目は、神田錦町「GARB pintino」の松城泰三シェフが講師となり 「青魚の扱い方」をテーマにした講義と実食を行いました。 講義では青魚の鮮度を保ちながら熟成を促進させる保存方法(仕込み)について、松城シェフが持論を展開。魚の自己消化を抑えながら、旨み成分のイノシン酸を最大限に引き出すため、ドライトマトを入れた塩水に魚を放って保存する「塩水処理」を披露しました。 種類と状態に合わせた適切な塩分濃度と保存期間について、松城シェフのこれまでの経験と実験結果を交えて丁寧に解説。 「1秒でも早く、塩水に『ポチャン』したい!」と独自のユニークな言い回しも。 日々の営業で使える実践的な内容に参加したシェフ達からもたくさんの質問があがり、それに丁寧に答える松城シェフが印象的でした。1回目から大いに盛り上がりを見せた「All for Delicious」。 シェフたちだけでなく、バルニバービの全ての料理人の今後にご期待ください!
松城 泰三 まつしろ たいぞう GARB pintino シェフ 飲食未経験からキッチンスタッフとしてバルニバービに入社。モノクロームで料理人のキャリアをスタートさせ、初代GARB pintinoにてシェフに就任。以降、東京を拠点に料理人として現場に立ちながら、関東店舗の責任者として料理部門を統括。2014年、バルニバービ スピリッツ&カンパニー株式会社 代表取締役に就任。2015年、神田錦町で理オープンしたGARB pintinoにてシェフに就任。
SHARE
All for Delicious シェフ 料理人 料理教室 経営者

RECENTLY POST



BALNIBARBI GROUP
バルニバービグループで食を通して「なりたい自分」を体現している仲間、「なりたい自分」を邁進している仲間、「なりたい自分」を見つけようとしている仲間のリアルな今の思いや、食に通ずる情報を発信していきます。 お店の業態は違っても、「ライフスタイルに自然に溶け込む地域に根ざした店づくり」というコンセプトは同じ。 その想いに沿ったどこにもない価値を提供しています。 「道のある所に店を出すのではなく、店を出した後にお客様のくる道が出来る」 それが私たちの目指す姿です。